誰にでも簡単にローストビーフが作れると話題の低温調理器。低温調理器で肉を調理すると、フライパンで調理した時よりも肉質が軟らかくなり、とてもおいしいと評判です。

でもどの低温調理器を選んでいいのか悩んでしまいます。

そこで今回は低温調理器の選ぶポイントとおすすめの低温調理器についてご紹介していきます。

低温調理器の選ぶポイント


まず最初に低温調理器の選ぶポイントについて考えて見ましょう。」

良くある低温調理器に対する不満などをピックアップしてみました。

こんな方におすすめの記事

  1. 不良品に当たることがある
  2. 電源が入らなくなった
  3. ボタンが反応しない
  4. コンセントが海外製

低温調理器自体、まだメジャーではないので、そのほとんどが海外メーカーのもの。日本メーカーが発売するものは少しずつ増えていますが、数では海外の低温調理器の方が多いのが実情です。

そんな時に問題になるのが、コンセントです。

それではそれぞれ見ていきましょう。

不良品の低温調理器


たまに不良品が当たって、動作しなかったり、使用数回で電源が入らなかったり、ボタンを押しても反応しないことがあります。

特に海外メーカー製のもので多い症状です。日本メーカーはあまりこういう現象がないようです。

海外製の低温調理器を購入する場合は気をつけましょう。

コンセントが海外製


アマゾンや楽天では並行輸入品の低温調理器が販売されています。このような低温調理器ではコンセントが日本タイプではなく、海外対応のものであることがあるので、そのままでは使えないことがあります。

また場合によっては電圧が違うため、専用のアダプターを使わなければならないこともあります。

購入する前に日本対応のものかを調べて購入することをおすすめいたします。

対応水量


何度もお話ししているとおり、低温調理器は海外製のものが多いです。海外の低温調理器は容量が大きいこともあるので、対応する水量を事前に確認することが大切です。

15Lもあれば豚肉や牛肉の塊を使って調理することができます。

出力を見る


低温料理器によって出力(パワー)は様々です。

出力はどれくらい調理するのか、その量によって決まります。家族が多い家庭では高出力の方がいいですし、一人暮らしでは低出力でも十分です。

少ない量なのに高い出力だと肉が硬くなって、せっかくの低温調理のメリットがなくなってしまいます。

だからと言って出力が小さいと温度が上がらず、食中毒にもなってしまいます。

1000W以上あると家庭用でも満足して使うことができます。また一人暮らしで使う場合は、使う用途によって考えて見るとよいでしょう。特にローストビーフのようなものはある程度出力が必要になります。

おすすめの低温調理器

それではおすすめの低温調理器についてご紹介いたします。

通販サイトの口コミを元におすすめの低温調理器を厳選しました。

簡単にローストビーフが作れる!おすすめの低温調理器


出力:850W
重さ:1.2kg
サイズ:38*9*9cm
最初にご紹介する低温調理器がこちらのAzrstyです。お値段もお手頃でたったの4ステップで作れる手軽るさが人気の理由です。また独自のウォーターポンプによって、赤ちゃんがいる家庭でも使える静音性があるのも特徴の一つです。

評価

利用者の声

women

T-falの電気ケトルを歴代使ってきましたが、数年間の使用で壊れるので、思い切って日本のメーカーの商品を使ってみることにしました。容量が1リットルまでなのが、自分の用途として少し足りないのですが、何かをしながら使っていても、しばらくは保温が効くのがすごく便利です。最初は、沸いたらすぐに使うので保温機能は必要ないのに・・・・・・と思ってましたが、意外に便利です。

women2

購入した低温調理器が届きました。とても気に入っています。主に以下の点:1.片手で操作できるので、とても使いやすいです。
2.付いている温度計の精度が良くて、別で買った温度計で測った結果ほぼ一緒です。
3.静かで、他のことをするとき影響されません。
4.温度と時間の設定はとても簡単で、操作しやすいです。
本当にいい商品です。

women4

お湯が沸くのが速く、沸騰したお湯をドリップポットに移す時熱くないので使いやすいです。
プラスチック製と違い水に臭いがつくこともなく衛生的です。見た目の高級感もあります。
スチームレスなので置き場所も選びません。

ご購入はこちら

スマホと連動する!おすすめの低温調理器


出力:**W
重さ:1.7kg
サイズ:***cm
こちらはスマホを連動すると話題の低温調理器です。こちらのメーカーのものは並行輸入品が多く、日本語の説明書が入っていないことが多いですが、webで簡単に検索できるので心配ありません。変換アダプタが必要なので用意しましょう。

評価

利用者の声

women

前から気になっていたので思いきって購入しました。
最初の表示は華氏なので???でしたし日本語説明書もないので
「Anova 使い方」で検索してみると設定の方法が載っていました。
まだまだ肉の種類と大きさによる温度と時間は試行錯誤中ですが
かなり美味しく出来ますね。
個人的には豚肩ロースの塊が一番気に入ってます。

women2

これは大変便利です。
低温調理が捗ります。
数流が起こるため食材が動き、anova本体に当たったところのみ火が通りすぎることがあるので網などを使用し、区切るとなお良いと思われます。

women4

ここぞ!と言う時に使っています。 普通のステーキ程度の厚さの牛肉であれば、普通にフライパンで焼いた方が美味しいです。 ANOVAで調理して美味しかったのは、下味を付けたサーモン、チャーシューの下処理、厚みのある牛肉などです。 低温で料理しても、表面を焼き付ける時点でかなり火が入ってしまうので、個人的にはバーナーで表面を炙る事をオススメします。 時間と手間を掛けて、普通じゃない料理を作る喜びがあります。

ご購入はこちら

コスパがいい低温調理器


出力:850W
重さ:1.91kg
サイズ:***cm
こちらは今まで紹介した低温調理器の中でもっともコスパがいい低温調理器です。海外製なのでアダプターが必要ですが、こちらで紹介しているアマゾンで購入するとアダプターがつくようです。
ご購入の際はアダプターがついているのか、ご確認ください。

評価

利用者の声

women

今まで、炊飯器を使ってサラダチキンを作っていたのですが、どうしてもパサパサになってました。
低温調理器を使うと、温度を一定に保つことができるし対流するので、ムラなく調理できると思います。
60℃、60分でやわらかいサラダチキンができました。温度と時間を設定して放置するだけ!簡単です!

women2

思っていたよりも結構でかいです。人間の腕(手首から肘当たりの大きさ)があります。

小さめのクーラーボックスを買って設置しましたが、水から温めようとするとかなり時間がかかります。お湯を用意して準備したほうが良さそうです。

使い勝手も難しくなく、簡単に設定できます。

women4

コンセントのプラグ変換用アダプタが入っていた。別で買ったけれど買わなくてもよかったな。さて、製品の横にメモリで水の深さ最低6.5センチ~上限14センチと。うちにある深さ11センチの鍋で使えなくもないが、水分の蒸発もふまえると深さ15センチ以上の容器を使ったほうがよさそう。温度の上昇はかなり早い

ご購入はこちら

軽くて静か!おすすめの低温調理器


出力:850W
重さ:1.40kg
サイズ:***cm
本体がとても軽くて静かな低温調理器がこちらです。日本語の説明書が見にくく、読みにくいとの意見が多いですが、操作が簡単なので心配いりません。
変換アダプターが必要ですが、初めからついてくるようです。
※事前にご確認ください

評価

利用者の声

women

ローストビーフ、ローストベニソン用に買いました。
味付けして真空パックした肉を入れるだけ。
温度管理が簡単で嬉しいです。
鹿肉のロースト激ウマでした。
魚類の低温調理もできます。

3P→2P変換用アダプターを一緒に買ったけど、初めから付いてました。

women2

あっという間に、我が家の定番キッチン道具になりました。
取説は他の方のレビュー通り酷いものですが、操作は簡単ですので心配ご無用かと。
・電源を挿すとビープ音が鳴って起動
・ダイヤルを回して温度を設定(0.1度刻み)
・パネルの時計/温度マークをタッチして時間を設定(分単位)
・パネルのスタート(右向き△)マークをタッチするとビープ音が鳴って始動
・設定温度になるとビープ音
・設定時間になるとビープ音がして停止
本体に水量のMIN/MAX表示がありますので、この範囲で使うようにすればOK。
設定温度はWebでいくらでも説明がありますから、色々試されると良いかと思います。
我が家ではチャーシュー用の豚肩ロースをジップロックにオリーブオイルと塩、ハーブと入れて、
低温調理してから食べやすい大きさにカットして強火でサッと炒めたものが大人気です。
柔らかくて本当に美味しい。
鶏の胸肉も同様に塩茹でする要領で棒々鶏風に仕上げて、冷ましてから食べています。

women4

毎日食べる温泉卵を作るために購入しました。
65度30分で黄身が柔らかく、自分好みに調節できました。
68度30分は硬かった。

肉類は中まで熱が通っても、生っぽい感じがしてしまうので焼き目は必要です。

ご購入はこちら

公式レシピがとても充実!おすすめの低温調理器


出力:800W
重さ:1.20kg
サイズ:***cm
BONIQは低温調理器の代名詞的なブランドのひとつです。レシピがとても充実していて、簡単にまるでレストランで調理したかのような料理を自宅で作ることができます。

評価

利用者の声

women

最近話題の調理家電という事で、妻への誕生日プレゼントとして購入。正直色々似た様な商品があってよくわからないです。なので、デザインで決めました。安いのは不安ですし。オシャレで妻も喜んでくれてます。私は、夕食がが美味しくなったので狙い通りです。公式レシピサイトがかなり充実してるので、それ通りに作れば簡単に作れるみたいです。

women2

簡単に美味しく作れる上
片付けもしやすいので
買ってよかったです
重宝しそうです

women4

操作はシンプルで使いやすいです。
レシピ集も充実しているので、温度や時間の設定も参考になると思います。
自分の好みの焼き加減(火の通り具合)を見つけるまでには何度か試さないといけないと思いますが、
いまのところ2回試して2回ともいつも食べていたお肉が美味しくなりました。

ご購入はこちら