安くて失敗しない!おすすめの人気低温調理器12選ーおしゃれでレシピ充実

誰にでも簡単にローストビーフが作れると話題の低温調理器。低温調理器で肉を調理すると、フライパンで調理した時よりも肉質が軟らかくなり、とてもおいしいと評判です。

でもどの低温調理器を選んでいいのか悩んでしまいます。

そこで今回は低温調理器の選ぶポイントとおすすめの低温調理器についてご紹介していきます。



低温調理器の選ぶポイント


まず最初に低温調理器の選ぶポイントについて考えて見ましょう。」

良くある低温調理器に対する不満などをピックアップしてみました。

こんな方におすすめの記事

  1. 不良品に当たることがある
  2. 電源が入らなくなった
  3. ボタンが反応しない
  4. コンセントが海外製

低温調理器自体、まだメジャーではないので、そのほとんどが海外メーカーのもの。日本メーカーが発売するものは少しずつ増えていますが、数では海外の低温調理器の方が多いのが実情です。

そんな時に問題になるのが、コンセントです。

それではそれぞれ見ていきましょう。

不良品の低温調理器


たまに不良品が当たって、動作しなかったり、使用数回で電源が入らなかったり、ボタンを押しても反応しないことがあります。

特に海外メーカー製のもので多い症状です。日本メーカーはあまりこういう現象がないようです。

海外製の低温調理器を購入する場合は気をつけましょう。

コンセントが海外製


アマゾンや楽天では並行輸入品の低温調理器が販売されています。このような低温調理器ではコンセントが日本タイプではなく、海外対応のものであることがあるので、そのままでは使えないことがあります。

また場合によっては電圧が違うため、専用のアダプターを使わなければならないこともあります。

購入する前に日本対応のものかを調べて購入することをおすすめいたします。

対応水量


何度もお話ししているとおり、低温調理器は海外製のものが多いです。海外の低温調理器は容量が大きいこともあるので、対応する水量を事前に確認することが大切です。

15Lもあれば豚肉や牛肉の塊を使って調理することができます。

出力を見る


低温料理器によって出力(パワー)は様々です。

出力はどれくらい調理するのか、その量によって決まります。家族が多い家庭では高出力の方がいいですし、一人暮らしでは低出力でも十分です。

少ない量なのに高い出力だと肉が硬くなって、せっかくの低温調理のメリットがなくなってしまいます。

だからと言って出力が小さいと温度が上がらず、食中毒にもなってしまいます。

1000W以上あると家庭用でも満足して使うことができます。また一人暮らしで使う場合は、使う用途によって考えて見るとよいでしょう。特にローストビーフのようなものはある程度出力が必要になります。

おすすめの低温調理器

それではおすすめの低温調理器についてご紹介いたします。

通販サイトの口コミを元におすすめの低温調理器を厳選しました。

簡単にローストビーフが作れる!おすすめの低温調理器


出力:850W
重さ:1.2kg
サイズ:38*9*9cm
最初にご紹介する低温調理器がこちらのAzrstyです。お値段もお手頃でたったの4ステップで作れる手軽るさが人気の理由です。また独自のウォーターポンプによって、赤ちゃんがいる家庭でも使える静音性があるのも特徴の一つです。

評価

利用者の声

women

今までティファールの電気ケトルを使っていましたが壊れたのでこちらの商品を使ってみました!しばらく保温できるので使い勝手が良くていいですね。

women2

片手で簡単に操作できるのと、とても使いやすいので重宝しています。付属の温度計の精度も良いので調理がおいしくできます!音も静かなので気になりません。

women4

お湯を沸かせるのがとても早くてびっくり!ドリップポットが熱くならないのでとても使いやすいですよ

ご購入はこちら

コスパがいい低温調理器HadinEEon


出力:1000W
重さ:1.1kg
サイズ:***cm
HadinEEonの低温調理器はデザインがコンパクトで洗練されています。多くの低温調理器は850Wが多いですが、HadinEEonは1000Wなので素早く加熱することができるので時間短縮になります。

評価

利用者の声

women

低温調理器を使うと温度を均一にすることができるので、ムラなく焼くことができます。60分ほどで柔らかいチキンサラダを作ることができました。とてもおいしいのでおすすめですよ!

women2

思っていたよりも大きくて大容量です!使い勝手が良くて簡単に設定できるので操作が簡単なところがいいですね。

women4

商品にコンセントの変換プラグが入っていました。細かい気遣いがうれしいです!温度の上昇はとても早いので使い勝手がいいです!

ご購入はこちら

Wancle 低温調理器

【スペック】
■出力:850W
■重さ:2.1kg
■サイズ:8.07 * 4.33 * 13.78
■タイマー:1分~99時間59分
■温度設定:25℃から99.9℃
■30日間の無料返品付き

Wancleの低温調理機はAmazonで購入するとショップによっては30日間の返品保証があるおすすめの低温調理機です。温度管理も簡単でサポートも充実しているのでおすすめの低温調理機ですよ。

評価

利用者の声

women

温度管理が簡単にできて料理の失敗も少ないです。鹿肉のローストは絶品でした。

women2

鍋への取り付けがクリップになっていてとても使いやすい低温調理器です。おいしいローストビーフを作ることができました。

women4

動作不良がありましたが、素早く好感していただけました。今ではおいしいローストビーフを作っています。

ご購入はこちら

OMorc 低温調理器

【スペック】
■出力:850W
■重さ:63.49 oz
■サイズ:16.73 x 7.87 x 4.72in
■タイマー:1分〜100時間
■温度設定:25℃-99.9℃

OMorcの低温調理器は真空調理法が推奨されていて、ほかの調理では不可能なレストランに近い品質のおいしい食べ物が作れます。またスリーブも取り外しができるので洗うのが楽です。

評価

利用者の声

women

出来上がった焼き豚がとても柔らかくておいしく作ることができました。家族も大変喜んでいます。

women2

自分で温度調節をする必要がないので、料理音痴の私でも簡単にローストビーフを作ることができました!とても柔らかくておいしいです。

women4

こちらの低温調理器はコスパがとてもいいのでおすすめです。

ご購入はこちら

富士商 Felio Sousvide

【スペック】
■出力:1000W
■重さ:1.27kg
■サイズ:37×16×8cm
■タイマー::0~99:59(分単位)
■温度設定:0~95℃(0.5℃単位)

富士商のFelio Sousvideは海外メーカーが多い中で数少ない国内の低温調理器具です。海外だと電源が合わなかったり、マニュアルがついていないケースもあるので、不安な方は富士商の低温調理機がおすすめです。

評価

利用者の声

women

健康に気を遣うようになってこちらを購入しました。カロリー低めのサラダチキンがおいしく作れるのでダイエットにもいいかも!

women2

安いお肉でもこちらを使うだけでおいしいローストビーフを作ることができました。

women4

自分で作るサラダチキンはコンビニよりも100倍うまいです!買ってよかったです。

ご購入はこちら

省エネ重視の方におすすめ!GLUDIA 低温調理器

【スペック】
■出力:1200W
■重さ:
■サイズ:
■タイマー::
■温度設定:0~95℃

GLUDIAの低温調理器は対流機能が優れていて、温度のばらつきがなく、均一に調理できるおすすめの低温調理機です。また省エネで8円が多い低温調理機の中でも最小の3円ですみます。

評価

利用者の声

women

どの低温調理器も電気代が8円ほどなのに、こちらの低温調理器の電気代は3円!省エネでおすすめですよ!

women2

難しい操作なく、簡単においしいローストビーフを作ることができました。

women4

いつも料理するとパサついていた鶏むね肉がとてもジューシーに作ることができました!家族にも大変好評です。

ご購入はこちら

公式レシピがとても充実!おすすめの低温調理器


出力:800W
重さ:1.20kg
サイズ:***cm
BONIQは低温調理器の代名詞的なブランドのひとつです。レシピがとても充実していて、簡単にまるでレストランで調理したかのような料理を自宅で作ることができます。

評価

利用者の声

women

最近話題の低温調理器を妻の誕生日プレゼントとして買いました。おしゃれでとても喜んでくれました。さらに夕食がおいしくなったのは言うまでもありません。公式サイトのレシピが充実しているので毎日帰るのが楽しみで仕方ありません。

women2

簡単においしく作れるのは言うまでもなく、なんといっても後片付けが楽なのがいいですね。買ってよかったです。

women4

操作はシンプルなので買った日からおいしく料理することができます。自分好みの火加減に調節もできるのでお肉がとてもおいしくなりました。

ご購入はこちら