【ビータス スーツ ケースBH-F1000レビュー】使いやすくて実用的なスーツケース

ビータスのスーツケースBH-F1000はキャスターやハンドルなどの壊れやすい部分が丈夫で、軽くて持ち運びしやすいスーツケースです。中には6年も使っていても壊れなかったという口コミがあるほど丈夫さが定評です。

▼BH-F1000はここがすごい!▼

  1. 傷が目立ちにくいエンボス加工と樹脂コーティング
  2. キャスターが壊れにくいノングリース方式
  3. 使いやすいハンドルバンド

この記事では

hatena

ビータス スーツ ケースBH-F1000の特徴って何ですか?

hatena

ビータス スーツ ケースBH-F1000を実際に使ってみるとどうですか?

こんな疑問にお答えいたします。
created by Rinker
¥12,650 (2019/10/23 00:15:40時点 Amazon調べ-詳細)
S:48L(H66×W45×D27cm)、M:63L(H72×W48×D29cm)、L:80L(H76×W52×D30cm)

【ビータス スーツ ケースBH-F1000レビュー】使いやすくて実用的なスーツケース

【ビータス スーツ ケースBH-F1000レビュー】使いやすくて実用的なスーツケース
ビータス スーツ ケースBH-F1000は株式会社モノポートが販売しているスーツケースでお手頃な価格設定とキャスターなどの壊れやすい部分が丈夫であること、またマット仕様で傷がついていも目立ちにくいことが人気の理由です。日本の会社が販売していることで、中国の怪しい販社から買うよりも信用度が高くアフターサービスもしっかりしているので安心ですね。

ビータス スーツ ケースBH-F1000はそのほとんどがネットでの販売に注力していて、これが値段を安く買うことができる理由になっています。

hatena

でも実際に使い心地はどうなんでしょうか?

編集

BH-F1000を使ってみた人の意見を見ていきましょう。

ビータス スーツ ケースBH-F1000の口コミ第一位は丈夫さ

ビータス スーツ ケースBH-F1000の口コミ第一位は丈夫さ
ビータス スーツ ケースBH-F1000の口コミをまとめてみると、キャスターやハンドルなどの壊れやすい部分が丈夫であるという理由がとても多い結果となりました。今まで使っていたスーツケースのキャスターが壊れてしまって、評判のいいビータス スーツ ケースBH-F1000を買って使ってみると、長年使っていても壊れにくいのです。

またスーツケースの表面がマット仕様になっていて、傷がついても目立ちにくいのも人気の理由のなっています。旅行するとどうしてもスーツケースに傷が入ってしまうものです。表面がマット仕様だと傷がついても気にすることなく使い続けることができます。

ビータス スーツ ケースBH-F1000は傷が目立ちにくいエンボス加工

ビータス スーツ ケースBH-F1000は傷が目立ちにくいエンボス加工
ビータス スーツ ケースBH-F1000のアルミケースには傷が目立ちにくいエンボス加工と言われるマット仕様になっています。

▼エンボス加工って何?▼

アルミの表面に細かい凹凸の加工を施すこと。傷が目立ちにくかったり、素材の強度が高くなり丈夫になります。

さらにアルミフレームに樹脂のABSとポリカーボネートをコーティングすることで高級感があって、傷がつきにくい表面になっています。

またエンボス加工しているモデル以外にも、高級感がある鏡面仕上げにしているモデルも販売されています。傷がつくと目立つことがありますが、こちらもエンボス加工と同様にポリカーボネートとABSでコーティングしているので、傷がつきにくい構造になっています。

溜息

でも傷がつくとアルミが出てきて目立つんですよね・・・

編集

ビータス スーツ ケースBH-F1000は例え傷がついても樹脂に色がついているのでアルミが露出しないように設計されています。

スーツケースに傷がつきにくいと言っても、傷がつくときはあります。しかしビータス スーツ ケースBH-F1000なら樹脂に色がついているので、傷がついてもアルミの金属面が出てこないので目立ちにくいです。

created by Rinker
¥12,650 (2019/10/23 00:15:40時点 Amazon調べ-詳細)
S:48L(H66×W45×D27cm)、M:63L(H72×W48×D29cm)、L:80L(H76×W52×D30cm)

ビータス スーツ ケースBH-F1000のキャスターに注目!

ビータス スーツ ケースBH-F1000のキャスターに注目!
ビータス スーツ ケースBH-F1000のキャスターにはノングリースのキャスターを採用しています。

▼ノングリースのキャスターって何?▼

キャスターの多くは車軸に樹脂製の車輪を通しているだけで、グリースを塗らないと摩耗してしまいキャスターが破損してしまいます。ノングリースのキャスターはグリースを塗らなくても大丈夫な耐摩耗性が高い樹脂を使っています。

キャスターの破損の大きな要因は、グリースがなくなることで樹脂が摩擦によってすり減ってしまい、壊れてしまう現象です。グリースを定期的に追加するなどメンテナンスをきちんとすればスーツケースも長寿命になりますが、ほとんどの方は面倒なのでやりません。

でもビータス スーツ ケースBH-F1000ならメンテナンスフリーのノーグリースのキャスターを採用しているので、長寿命が期待できるのです。

分かった

ノーグリースのキャスターってメンテナンスフリーでいいですね!

編集

メンテナンスはほとんどの人が面倒と思うので、スーツケースを買うならメンテナンスフリーがおすすめです。

created by Rinker
¥12,650 (2019/10/23 00:15:40時点 Amazon調べ-詳細)
S:48L(H66×W45×D27cm)、M:63L(H72×W48×D29cm)、L:80L(H76×W52×D30cm)

ビータス スーツ ケースBH-F1000のハンドルパッドが使いやすい!

ビータス スーツ ケースBH-F1000のハンドルパッドが使いやすい!
スーツケースを持ち運ぶときに、階段などではハンドルパッドでスーツケースを持ち上げる人もいるかもしれません。ハンドルパッドは比較的大きな力が加わりやすいため、スーツケースではキャスターの次に壊れやすい部分です。

ビータス スーツ ケースBH-F1000は応用力学に基づいて設計されたハンドルパッドで、30%も軽く感じる人間工学に基づいて設計されています。またハンドルパッド自体がとても丈夫なので使っているうちに壊れる危険性も少なくなります。

▼人間工学って何?▼

人の動作などを研究し、人にとって使いやすい形状や動作を研究するもの

分かった

今までの70%の力だけで持ち運びできるなんてすごいですね!

編集

ビータス スーツ ケースBH-F1000は疲れにくい設計がされているので、長期間旅行される方におすすめですよ。

ビータス スーツ ケースBH-F1000は全部で9種類のデザイン

ビータス スーツ ケースBH-F1000は全部で9種類のデザイン
ビータス スーツ ケースBH-F1000は全部で9種類のデザインが用意されています。

上の5種類がエンボス加工のスーツケース、下の4種類が鏡面加工のスーツケースになっています。

過去に買ったスーツケースが傷がついていて目立つのであれば、エンボスタイプのスーツケースがおすすめです。鏡面仕上げは傷は目立ちますが、高級感があるので見た目重視の方におすすめです。

まとめ

この記事ではビータス スーツ ケースBH-F1000をレビューしました。BH-F1000の特徴をまとめてみると

▼BH-F1000はここがすごい!▼

  1. 傷が目立ちにくいエンボス加工と樹脂コーティング
  2. キャスターが壊れにくいノングリース方式
  3. 使いやすいハンドルバンド
編集

長い期間旅行される方や出張が頻繁にある方におすすめです。

created by Rinker
¥12,650 (2019/10/23 00:15:40時点 Amazon調べ-詳細)
S:48L(H66×W45×D27cm)、M:63L(H72×W48×D29cm)、L:80L(H76×W52×D30cm)