寒い時期に大活躍してくれるのがカップウォーマー。最近のカップウォーマーはUSB接続ができて職場で簡単にコップを暖められるので、寒い秋から冬に大活躍してくれます。

ただし一方で思ったよりも温まらなかったり、購入後に不満に思うケースがとても多いです。

せっかくお金を払うわけですから、失敗したくないですよね。

そこで今回はカップウォーマーの選ぶポイントとおすすめのカップウォーマーをご紹介いたします。

カップウォーマーの効果や選ぶポイント


先程お話したとおり、カップウォーマーで一番多い不満の一つが思ったよりも温まらないという問題です。

せっかく職場で使おうとしたのに、ぬるま湯にしかならなかったら残念ですよね。

USBカップウォーマーは注意


中々温まらない原因の一つが消費電力です。特にUSBのカップウォーマーは消費電力が小さく、温まるまで時間が必要だったり、大容量のカップを温めるのは不向きです。

保温程度ならUSBカップウォーマーでもいいですが、より長く保温して暖かい飲み物を維持したい方はコンセントタイプのカップウォーマーを選びましょう。

また水を沸かすのはカップウォーマーでは難しいです。保温目的で使用しましょう。

用途を考える


カップウォーマーは保温することが目的です。水を沸かすのは難しいです。

コンビニや自動販売機、また一度沸騰させた飲みものを長く保温するために使用しましょう。

清掃のしやすさ


カップウォーマーを使うと多いトラブルが液体が少し溢れる症状です。

防水であることはもちろん、拭き掃除しやすいように清掃しやすいカップウォーマーがおすすめです。

防水性能と掃除のしやすさをチェックしましょう。

容量をチェック。コンセントのアップウォーマーがおすすめ


カップウォーマーによって暖められるカップの大きさと容量が決まっています。

特にUSBカップウォーマーは容量が小さく、小さいカップしか入らないことが多いです。

ほしいカップの大きさと容量をチェックしましょう。

機能をチェック


カップウォーマーの中にはセブンイレブンなどのコンビニで購入したカップコーヒーをそのままセットできるタイプのカップウォーマーがあります。

このタイプのウォーマーはシリコン製のキャップがついていてカップスタンドにセットすれば保温してくれますので便利です。

カップの材質に注意

カップウォーマー
カップウォーマーはカップの下面を温めて保温しています。したがって陶器のようなカップでは熱伝導が低いため、温まりにくいのが実情です。

カップウォーマーに使用する材質はアルミのような金属のカップや耐熱ガラスでも十分です。金属性のカップは取っ手が熱くなるので注意しましょう。

カップ底面の形に注意!


また忘れがちなのがカップ底面の形です。カップ底面窪んでいたり、曲面になっていると、カップの底がカップウォーマーに当たらないため、温度上昇の妨げになります。

カップの底面はできるだけ平坦なカップを用意しましょう。

おすすめのマグカップウォーマー

それではおすすめのカップウォーマーをご紹介いたします。通販サイトの口コミから人気が高く、コスパの良いカップウォーマーを厳選しました。

カップ専用ウォーマー HOTTOP

【スペック】
■大きさ:120mm 高さ25mm
■重さ:180g
■タイプ:コンセント

こちらのカップウォーマーはコンセントタイプでいつまでも保温できるように消費電力が高くなっているのが特徴です。最後まで暖かい飲み物が提供できるということで口コミでも話題のカップウォーマーです。

評価

利用者の声

men

陶器マグカップ使用2か月使用したレビューです100Vのおかげで安定した温度キープされたまま最後まで温かいです少ない湯量のまま放置されますと多少濃縮されますUSB商品よりはいいと思います

men2

沸かすまでもないが、冷めるのは嫌だという人にピッタリの商品だと思います。このおかげでいつもホットコーヒーを温かく最後まで飲めて幸せです。

men3

遠方に住む家族へ誕生日にプレゼントしました。
すぐ届き、老いた母でも簡単に使え、とても喜んでもらえました。
値段もお手頃なので、とても良かったです。

ご購入はこちら

Mr. Coffee コップ保温器

【スペック】
■大きさ:21.8 x 13.4 x 3.5 cm
■重さ:272 g
■タイプ:コンセント

Mr. Coffeeのカップウォーマーはアメリカ仕様のため、大容量で保温性が高いのが口コミでも評判のカップウォーマーです。コンセントの差込口がアメリカ仕様のため、パソコンのテーブルタップだとうまく入るという意見もあるので、少し注意が必要ですが、おすすめのカップウォーマーです。

評価

利用者の声

men

ホーローのマグ(底が真ッ平のもの)を載せて使っています。
保温力は、さすがAC電源式と感じさせられる性能で、USB保温器とは比べものになりません。
淹れたてのコーヒーを載せると、数時間後でも自販機のホット缶コーヒー程度の温度に保つことができています。

men2

USBタイプはデザインのかわいい物があったりと、いろいろあるようですが、USBの電力は小さいので保温性は低いです。やっぱり家庭用コンセントから電源をとるタイプがいいと改めて思った次第。電源を入れてウォーマーの表面を触ってみたのですが、かなり熱いです。(やらない方がいいです)

men3

職場でステンレスむき出しの水筒(Klean Kanteen)にコーヒーを持参しています。今までのUSB加熱器具が壊れ、能力もいまいちでしたので、今回の購入です。結果、けっこう熱くなります。熱すぎるかな。そのため別にパワーコントローラ(goot pc-11)を買い、ほどよい熱さにしています。また、プラグがアメリカ仕様のためか、確かに、そのままでは入らないコンセントがありました。プラグの先端を電動サンダーで削って解決しました。

ご購入はこちら

サンコー USBあったか紙コップウォーマー2

【スペック】
■大きさ:14.2 x 12.7 x 9.6 cm
■重さ:209 g
■タイプ:USB

サンコーのUSBあったか紙コップウォーマー2は紙コップ専用のカップウォーマーです。USB接続ですが、コンビニのパップコーヒーが冷えずにいつまでも暖かく保温できるということで話題のカップウォーマーです。

評価

利用者の声

men

実力の程は熱い状態でおいたコーヒーはほぼずっと熱いまま、
ぬるくなったコーヒーを温めるには総御父時間がかかります。
セブンコーヒーLが3分の1程度残って冷たくなった状態を飲み頃の温度にするには30分以上かかったため
あくまで保温のためと思ったほうが良さそうです。

men2

紙コップに水を入れて、蓋をして、加熱すると2時間ほどで、やけどしない熱めになる。
気に入りました。

men3

車内で、5V2Aを出力できるシガーソケット用USB充電器に繋いでいます。コンビニコーヒーがバッチリアツアツな状態を維持できています。

ご購入はこちら

ボトルウォーマーミルクヒーター

【スペック】
■大きさ:17.2 x 12.8 x 4.8 cm
■重さ:381 g
■タイプ:USB

こちらのカップウォーマーはUSB接続で、一から温める場合は少し時間がかかりますが、保温にはもってこいのUSBカップウォーマーです。デザインもかっこいいのでオフィスに最適です。

評価

利用者の声

men

時間は少しかかるが、缶コーヒーでも充分あつくなります。かってよかった。

men2

飲み物ではなく、UVレジンを温めながら作業をするために購入しました。
まだ一度しか使っていませんが、使い勝手は良いです。すぐ暖かくなるのて、本来の用途でも、UVレジンの作業台としても重宝しそうです。

ご購入はこちら