古いインターフォンを簡単にTVドアホンにできる!ワイヤレスインターフォン

こんな悩みありませんか?

困り顔

アパートが古くてインターフォンが通話だけ。防犯のためにもテレビ付きのドアホンを導入したいけど工事とか大変そう

こんな方におすすめしたいのがワイヤレスのインターホンです。ワイヤレスなので面倒な工事は必要ありません。またほとんどの家庭の古いインターフォンを取り外して設置できるのでおすすめなんです。



古いインターフォンを簡単にTVドアホンにできる!ワイヤレスインターフォン

古いインターフォンを簡単にTVドアホンにできる!ワイヤレスインターフォン
ワイヤレスインターフォンは10000円台で購入できて財布にも優しい。さらに取り付けは自分で簡単にできるので、アマゾンで購入して自分で取り付ける人が増えている人気商品です。

以下の悩みを持つ方におすすめです。

こんな方におすすめの記事

  1. NHKが訪問してくるので居留守を使いたい
  2. 訪問販売と宅配便が分からない
  3. 通話だと誰が見れないのでTVにしたい

最近は訪問販売や業者など怪しい人がインターフォンを鳴らすことが多いので、TVインターフォンで顔を見てから反応するか確認したい人も多いと思います。

hatena

ワイヤレスのインターフォンって簡単に古いインターフォンと交換できるの?

編集

女性でも30分もかからずに設置できますよ!パナソニックのワイヤレスインターフォンなら外出先でもスマートフォンで通話できるのでおすすめです。

分かった

外出先でも!!すごいですね!

こちらのワイヤレスインターフォンを古いインターフォンと交換すれば、wifiに接続するだけでAndroidやi-phoneで対応することができます。防犯の意味でもすごくいいですよね。

まずは古いインターフォンをチェック

まずは古いインターフォンをチェック

編集

まずは古いインターフォンのタイプを確認しましょう。電源コートで接続されているインターフォンや、乾電池式のインターフォンであれば簡単に取り外すことができますよ。

分かった

家のは電源コード式でした!

編集

コードが直接配電盤から供給されている場合は工事が必要になります。

まずは家にあるインターフォンのタイプをチェックしましょう。

電源コートから古いインターフォンを取り外します

電源コートから古いインターフォンを取り外します

編集

古いインターフォン電源コードの場合は取り外しましょう。乾電池の場合は取り外しが簡単です。

電源コード式でも難しい場合はできるだけ工事して取り外してもらうようにしましょう。

室内にある親機を取り外します

室内にある親機を取り外します

編集

室内にある親機も取り外します。コードがついている場合は絶縁できるビニルテープで巻くようにしましょう。

専用の金具に取り替えます

専用の金具に取り替えます

編集

専用の金具に取り替えます。ただし室内で持ち運びしたい方は金具を取り付けずに持ち運べるようにしておきましょう。

モニターを取り付ける

モニターを取り付ける

編集

金具を取り付けたらモニターを取り付けます。

インターフォンに乾電池を取り付ける

インターフォンに乾電池を取り付ける

編集

インターフォンに乾電池を取り付けます。電池残量を気にしないためにも、できるだけ推奨されている電池を使いましょう。

分かった

安い単三電池を使ったせいですぐに電池切れになったという口コミも多いですね。

編集

そうですね。長く使うためにも推奨の電池がおすすめです。

古いインターフォンを取り外します

古いインターフォンを取り外します

編集

電源コード式の場合は取り外す前に電源コードを抜くように注意しましょう。

取り付けカバーを付けます。

子機をセットします


編集

たったこれだけで完了です。

分かった

これなら私だけでもできそうです。

ワイヤレスインターフォンは簡単に古いインターフォンをTVドアホンにできるのでおすすめです。

ワイヤレスインターフォンの使い心地は?

hatena

簡単に取り付けられるのは分かりましたけど、実際に使ってみてどうなんでしょうか。

編集

実際に使ってみた人の意見をまとめてみましたのでご覧ください。

使い心地

  1. 子機の持ち運びができるので便利
  2. 録画ができるので防犯にいい
  3. 10m離れていても確認できた
  4. モニター画面がきれい

このような意見がとても多かったです。

一方でワイヤレスインターフォンは電池で動作しているので、電池切れが心配になる人が多かったです。定期的に電池を取り替えないと、電池切れになると音すらならないので注意が必要です。