消費電力のモニターにおすすめ!エコチェッカーレビュー

冷蔵庫やパソコン、エアコンなど消費電力が多い家電が多いですが、意外とどの家電が電気代を高くしているのかチェックしている人が少ないです。

電気代は単純に消費電力だけで決まるわけではなく、稼働時間や強弱によって変わるため、意外と気にしていなかった家電製品が電気代を引き上げていた可能性もあるからです。

そんな時におすすめしたいのがエコチェッカーです。エコチェッカーはコンセントと家電の間に入れるだけで消費電力のモニターができるので、家電ごとにチェックすることができます。また値段も1000円以内で購入できるので経済的。消費電力が高そうな家電は冷蔵庫やパソコンなどほとんど決まっているので経済的負担も少ないのです。

消費電力のモニターにおすすめ!エコチェッカーレビュー

消費電力のモニターにおすすめ!エコチェッカーレビュー

hatena

エコチェッカーってどういうものなんですか?

編集

家電製品をコンセントに入れる前にエコチェッカーを挟むことで消費電力・電気代・使用時間などをリアルタイムでモニターできる優れものなんだ。

分かった

それはすごいですね!電気代の節約に便利です。

編集

しかも1000円で購入できるエコチェッカーも販売されているので経済的です。導入しない手はありません。

エコチェッカーがモニターできるのは

  1. 消費電力
  2. 積算使用時間
  3. 積算電気料金
  4. 一時間当たりの電気代
  5. 積算使用電力量
  6. 積算CO2排出量
  7. といろんな種類を一度にモニターできます。

    分かった

    意外とモニターできるものが多いんですね!

    5Wを超える家電が対象

    5Wを超える家電の電気代チェッカー

    編集

    どの家電でも消費電力などをチェックすることができるわけではないので注意が必要です。

    エコチェッカーには制限がいくつかあって、すべての家電が使えるだけではありません。

    エコチェッカーの制限

    1. 5W以上の家電
    2. AC100Vの家電
    3. 待機電力は消費電力が少ないため測定不可
    4. 1500W以下の家電のみ

    エコチェッカーの制限として大きいのが5W以上の家電というものと、AC100Vの家電という制約です。

    エアコンの消費電力を調べたい人もいると思いますが、エアコンはAC100Vと200Vがあるため、200Vのエアコンだとエコチェッカーを使うことができません。

    困り顔

    うちのエアコンは200Vなのか、100Vなのかわかりません。

    編集

    型番を調べるとわかります。難しいのであれば、オール電化やエコキュートを使っている方は200Vのエアコンを使っている可能性があります。200Vはそもそも契約しないと使えません。

    ほとんどの家電は100Vですが、オール電化が流行してきたので200V対応の家電も増えています。100V→200Vの変更は工事が必要なので、心当たりがない方はエコチェッカーを使えるかもしれませんね。

    家電の商品電力をチェック

    エコチェッカーは5W~1500Wまでの家電をチェックすることができます。ではどんな家電がチェックできるのが消費電力から見てみましょう。

    家電消費電力目安
    冷蔵庫150-600W
    エアコン400~1000W
    パソコン50-150W
    電気カーペット500-800W
    こたつ600W
    洗濯機500W
    液晶テレビ210W
    炊飯器700-1300W
    電気ストーブ1000W
    分かった

    ほとんどの家電はエコチェッカーで測定できそうですね。

    編集

    そうですね!あくまでも参考なので、実際にエコチェッカーを使う場合は使用する家電の説明書を見るようにしましょう。

    エコチェッカーは電気代の設定も自分でできる

    困り顔

    電気代を安くするために、安い電気会社と契約しています。エコチェッカーの電気代の設定を変えることはできますか?

    編集

    問題なくできますよ!


    このようにエコチェッカーでは簡単に電気代の換算レートを変更することができます。最初は電気料金の設定が22円/KWhに設定されていますので、それよりも高かったり、低かったりする場合は再設定してからエコチェッカーを使うのがおすすめです。

    詳しくはこちらに説明書がありますのでチェックしてみるといいですよ。

    エコチェッカーの説明書

    測定値は簡単にリセットできる


    hatena

    夏場と冬場それぞれを電気代のモニターをしたいです。

    編集

    エコチェッカーは簡単にボタンで簡単にリセットできるので、季節ごとに電気代のモニターができます。さらに保存期間は1年もあるので、一年間の電気代を積算することができます。

    積算使用時間や積算電気料金はボタン二つを長押しするだけでリセットすることができます。

    また一年間も積算できるので長く使用時間や電気料金をモニターしたい方におすすめです。ただし上限があって、電気代は9999.99円まで、積算時間は9999:59を超えるとoverと表示されるので注意しましょう。

    消費電力が高い=電気代が高いというわけではない!

    編集

    エコチェッカーを使って分かるのが、消費電力が高い=電気代が高いというわけではないということです。

    hatena

    パソコンやエアコンが電気代が高いんじゃないんですか?

    編集

    電気代は使用時間も重要なので、消費電力が小さくても常に使っている家電が意外と電気代が高くしていたなんてケースも多いのです。

    分かった

    なるほど!エコチェッカーならいろんな家電をモニターできるので、電気代をさらに安くすることができそうです。

    使ってみて多い意見は、一番電力を消費していた家電は思っていたものと違ったという意見です。使い方にもよるので一概に言えませんが、あなたが思っていた家電と違う家電が電気代を使っていたケースも多いのです。

    しかし一つ一つモニターしてみないことには分かりえません。

    そんな時にエコチェッカーがあると家電ごとにモニターができるので、電気代の節約に大活躍してくれます。