人気のハンディかき氷おすすめランキングBest4

かき氷を自宅で作るのは据え置きが多かったですが、最近はハンディタイプのかき氷器が流行っています。ハンディかき氷は電源コードがあるハンディと、コードレスもあるので外でも使えます。ちょっとしたBBQやキャンプにもハンディかき氷が使えるのでおすすめです。

そこで今回はハンディタイプのかき氷の選ぶポイントとおすすめのハンディかき氷をご紹介していきます。

ハンディかき氷の選ぶポイント


まずはおすすめのハンディかき氷をご紹介する前に、選ぶポイントについて見ていきましょう。

ハンディかき氷で良くある不満をまとめて見ました。

  1. かき氷が粗い
  2. コードレスじゃない
  3. 止まる

これがハンディかき氷の不満をして多い内容です。それぞれについて詳しく見ていきましょう。

かき氷が粗い


ハンディのかき氷を買ったのに、最近話題のふわふわ感がなくてがっかり・・・。

そんな不満はハンディに限らず、据え置きのかき氷器にも多い不満の一つです。

かき氷が粗いのはいくつかの原因があります。かき氷器自体に問題があることや、やり方に問題があることもあります。

  1. 刃が出過ぎている
  2. 氷に不純物が入っている
  3. 氷に気泡が入っている

かき氷にシャリシャリ感が出るのはかき氷の粒径が大きいことが原因。粒径が大きくなるには、ハンディかき氷の刃の調整の問題であったり、氷に不純物や気泡があって刃の動きが変わって粒径が大きくなることもあります。

刃の調整を考える


かき氷の刃の調整はふわふわのかき氷をハンディで作るためにとても重要な要素です。

据え置きのかき氷もそうですが、ふわふわのかき氷を作るためには微妙な調整が必要になってきます。いきなりかき氷を使ってふわふわになりましたということは、あまりありません。

何回か事前に試してみて、ふわふわになる刃の位置を調整してみましょう。

不純物


氷に不純物が入ると、その不純物によって刃の位置が変わり粒径が大きくなります。

水道水は不純物が多いので、ハンディでもふわふわのかき氷を作りたい方には、水道水を一度沸騰させてから氷を作るとよいでしょう。

気泡

気泡も不純物と同じでかき氷がしゃりしゃりになる要因の一つです。

すぐに冷蔵庫に入れて急激に氷にしてしまうと、気泡が抜けずに氷の中に閉じ込められて、ハンディかき氷器にかけるとシャリシャリ感が出ることがあります。

余裕がある方は専用の氷を作るアイテムもあるので試してみていはいかがでしょうか。

事前に少し溶かす


いきなり氷をハンディかき氷器にかけるのではなく、少し室温に置いて溶かしておくこともふわふわのかき氷を作る方法です。

なぜふわふわになるのかというと、冷蔵庫から取り出した氷は硬いので、これをハンディかき氷に使うとひびが入って、かき氷の粒径がどうしても大きくなるのです。

10分でもいいので表面に薄い水が張るまで待ってからハンディかき氷を使うとよいでしょう。

以上がハンディを使っても粗いかき氷にならない方法です。ハンディそのものに原因があるというよりは、使い方だったり、調整がその大半の理由です。

コードレスじゃない


次に多い不満がコードレスじゃないという不満。実はこれ、通販サイトのハンディかき氷を見て思ったのですが、通販サイトの写真にコードが移っていない写真が多く、一見するとコードレスに見えてしまうのが問題なのです。

こればかりはしっかりと確認して選んでほしいです。

ちなみにこれからご紹介するハンディかき氷器は、コードあり/なしをきちんと表記していますので参考にして下さい。

止まる


ハンディかき氷を使うと多いのが止まってしまうという問題です。

ハンディタイプということで氷の入る容量が小さいため、氷を入れすぎるとハンディかき氷が止まることがあるようです。

氷の入れ過ぎには注意しましょう。

おすすめのハンディかき氷

それでは選ぶポイントについて理解した上でおすすめのハンディかき氷を見ていきましょう。

かき氷はもちろん料理にも使える話題のハンディかき氷


コード:あり
大きさ:92×120×305mm
重さ:800g
こちらはかき氷に定評のあるドウシシャが発売するハンディかき氷がです。かき氷はもちろんのこと、ちょっとした料理にも使えるようなデザインにしています。

評価

利用者の声

こどもが毎日のようにかき氷を食べたがるので、試しにこちらを購入。
軽いし場所を取らないので、手軽に作ろうという気になれます。
一度に大量には作れませんが、ちょっと食べたい分を作るのには十分です。
入るのは氷5個くらい
すぐに削れます
大活躍しています!
夏は終わりですがまだまだ活躍しそうです コードがもう少し細かったらよかったかな!氷はほぼ削れるようなので優秀です

ご購入はこちら

ディズニーのデザインもあります

コスパがいい!おすすめのハンディかき氷


コード:あり
大きさ:110×130×315mm
重さ:845g
とても値段が安いので、ハンディかき氷を買うのは少し抵抗がある方におすすめのハンディかき氷がこちらです。グラスに直接氷を削ってフローズンドリンクを作ることもができます。

評価

利用者の声

想像していたよりも少し大きい物でした。今日から凍らせた果物を削って食べたいと思います
早速使っています。ネーミングどうり 優しい口当たりで満足しています。使い方もやさしいので 嬉しいです。有難うございました。
手軽にカキ氷をと思い購入。期待はしていませんでしたが、
簡単にカキ氷ができて、大満足!コンパクトなのも良かったです。

ご購入はこちら

コードレスでBBQでも大活躍!おすすめのハンディかき氷


コード:なし
大きさ:95×100×315mm
重さ:760g
こちらはドウシシャが発売するコードレスのハンディかき氷です。単三電池が4本で使うことができて、BBQやお祭りなどで大活躍してくれます。

評価

利用者の声

見た目もよく邪魔にならず、持ち運びができるのも重宝しました。
バーベキューに持っていくと大盛り上がりでした^^
子供が、キャラクターの手動カキ氷機がほしいと言い出し、それは色々困るとコチラにしました。
こちらならシーズン外のお片付けも省スペースですし、シーズン中見える所においても悪目立ちせず、電動なので疲れない!
冷蔵庫で作る氷が使えるのもいつでもどれだけでも作れて良いです。
コード有りと無しの力の差などを悩んでいましたが、毎日の焼酎にコードレスの方が使いやすいと購入を決めました。使ってみると馬力もあり毎日の晩酌がサイコーに美味しくなりました。友達にもプレゼント用に購入しちゃいました。

ご購入はこちら