【KC-G50 シャープ 加湿 空気清浄機レビュー】コスパ◎花粉にすごい威力!

シャープが発売するプラズマクラスター空気清浄機KC-G50は¥10000台で購入できるコスパがとてもいい空気清浄機です。花粉症やペットがいるご家庭、加湿器としても優秀で利用用途が広く、プラズマクラスター空気清浄機KC-G50が一台あるだけでいろんなシーンをカバーすることが可能です。

▼空気清浄機KC-G50はここがすごい!▼

  1. ランニングコストが全くかからない
  2. 20dBの静音性。LEDも消灯して睡眠モードにできる
  3. 空気を循環するコアンダ効果

この記事では

hatena

プラズマクラスター空気清浄機KC-G50を実際に使ってみたらどうでしょうか?

hatena

プラズマクラスター空気清浄機KC-G50の特徴って何ですか?

こんな疑問にお答えいたします。

【KC-G50 シャープ 加湿 空気清浄機レビュー】コスパ◎花粉にすごい威力!

KC-G50 シャープ 加湿 空気清浄機レビュー】コスパ◎花粉にすごい威力!
プラズマクラスター空気清浄機KC-G50の一番の特徴は花粉やほこり、ペットの臭いなど幅広く対応できて値段もお手軽なところです。さらに照度センサーもついていて、部屋の明るさに応じて空気清浄機の動作音を制御してくれます。

  • 照度センサー:〇
  • 臭いセンサー:〇
  • 温度・湿度センサー:〇
  • いちいち寝るときにスイッチを切り替えて静音モードにする必要もないのでとても便利と人気の空気清浄機です。

    hatena

    でも実際の使い心地はどうなんでしょうか?

    編集

    まずはプラズマクラスター空気清浄機KC-G50を使ってみた人の意見を見ていきましょう。

    プラズマクラスター空気清浄機KC-G50のレビュー一位はコスパと静音性

    プラズマクラスター空気清浄機KC-G50のレビュー一位はコスパと静音性
    プラズマクラスター空気清浄機KC-G50のレビューについてまとめてみると、コスパの良さと静音性、花粉やほこりなどを吸い取ってくれる空気清浄機の性能について高い評価を得ています。

    値段は¥10000台で13畳分の部屋をカバーできるので、高い空気清浄機を一台買うよりも、プラズマクラスター空気清浄機KC-G50を2台買ったほうがましという声まであるほどです。フィルターも集塵能力が高いHEPAフィルターを搭載しているので10年間交換する必要がないため、ランニングコストも高いので経済的です。

    静音性は静かと言われる15dBまで騒音を下げることができるので、朝起きても喉が痛くならずにくしゃみも出ないと人気の理由になっています。

    プラズマクラスター空気清浄機KC-G50の静音モード

    プラズマクラスター空気清浄機KC-G50の静音モード
    プラズマクラスター空気清浄機KC-G50には睡眠中でも音が気にならない静音モード「静か寝モード」「静音モード」の二つがあります。就寝中では「静か寝モード」がおすすめで騒音レベルは20dBと図書館よりも静かな静音性にすることが可能です。

    さらに「静か寝モード」はLEDやモニターの明るさも消灯することができるので、LEDの点灯で睡眠中気になる方におすすめです。

    分かった

    睡眠中のLEDの明るさまで考慮してくれるのはうれしいですね。

    編集

    経済的で睡眠中も使いやすいので花粉の時期に1台はほしい空気清浄機です。

    プラズマクラスター空気清浄機KC-G50はコアンダ効果で空気を循環

    プラズマクラスター空気清浄機KC-G50はコアンダ効果で空気を循環
    プラズマクラスター空気清浄機KC-G50は壁の近くに置くことでより空気を循環させることができます。このことをコアンダ効果と呼ぶ現象で、広い部屋でも効果的に空気を循環できます。

    hatena

    コアンダ効果って何ですか?

    編集

    コップから少量の水を流すときにコップの表面を伝って流れる流体の流れのことなんだ。KC-G50は壁に沿って気流が生まれるような気流を作っているんですよ。


    このように水を少しずつ流すとコップの下面を水が伝わっていく現象がコアンダ効果です。

    壁にプラズマクラスター空気清浄機KC-G50を置くことで部屋中に空気を循環することができるので、効率よく花粉やほこりなどを捕らえることができます。

    プラズマクラスター空気清浄機KC-G50は三つのフィルターで脱臭・集塵

    ラズマクラスター空気清浄機KC-G50は三つのフィルターで脱臭・集塵<
    プラズマクラスター空気清浄機KC-G50には埃ブロックフィルター、臭いをとる消臭フィルター、花粉などの微粒子もキャッチできるHEPAフィルターの三つが搭載されています。使い方にもよりますが、どれも10年以上も交換不要なのでランニングコストがかからず経済的です。

    hatena

    HEPAフィルターって何ですか?

    編集

    粒径が0.3um以上を99.97%も集塵できる高機能フィルターのことですよ。

    hatena

    花粉も集塵できますか?

    編集

    花粉の大きさは20umなので集塵してくれます。

    HEPAフィルターは0.3umまでの微粒子を99.97%も捕獲してくれるので、花粉であればほとんどフィルターで取ってくれます。値段は安い空気清浄機ですが、性能は本物ですので、花粉やアレルギー対策には十分の性能が出ます。

    プラズマクラスター空気清浄機KC-G50のAgカートリッジは1年に一回交換が必要

    プラズマクラスター空気清浄機KC-G50のAgカートリッジは1年に一回交換が必要
    ランニングコストが優位な空気清浄機ですが、加湿器の水をきれいにするAgイオンカートリッジは一年に一回の交換が必要です。Agイオンカートリッジはタンク内のぬめりや臭いを防止するので、加湿器を使っている人は交換必須です。

    もし加湿器は違う装置で行っていて、プラズマクラスター空気清浄機KC-G50で加湿していない人は買わなくてもOKです。

    プラズマクラスター空気清浄機KC-G50の交換部品について

    あまり交換する必要がない空気清浄機ですが、消耗品部品についてまとめておきます。純正品以外のフィルターも多数売っていすが、できるだけ純正のモノを使うようにしましょう。

    加湿フィルター:FZ-Y80MF

    交換頻度:10年に一回

    Ag+イオンカートリッジ:FZ-AG01K1

    交換頻度:1年に一回

    使い捨てプレフィルター:FZ-PF51F1

    交換頻度:1カ月に一回

    集塵フィルター:FZ-D50HF

    交換頻度:10年に一回

    脱臭フィルター:FZ-F50DF

    交換頻度:10年に一回

    まとめ

    この記事ではシャープのプラズマクラスター空気清浄機KC-G50についてレビューを行いました。

    ▼空気清浄機KC-G50はここがすごい!▼

    1. ランニングコストが全くかからない
    2. 20dBの静音性。LEDも消灯して睡眠モードにできる
    3. 空気を循環するコアンダ効果
    編集

    2台目の空気清浄機が欲しい方におすすめです。