いつも処理に困ってしまう生ゴミを簡単に処理できると話題の家庭用生ごみ処理機。家庭菜園している方にはひ肥料にしたり、大きさが1/10になるので生ゴミの処理が大変楽になります。

しかも!自治体に申請することで助成金を得ることで30-50%OFFで購入できますので、お買い得に購入できます!

そこで今回は生ごみ処理機の選び方とおすすめの生ごみ処理機をご紹介いたします。

生ごみ処理機の選び方


出典:amazon
生ごみ処理機を購入したあとに失敗したと思いやすいのは、

  1. 臭いがきつい
  2. 音が大きい
  3. 電気代がかかる

などです。

特に臭いは生ごみ処理機で一番大きな問題になりやすく、部屋中が嫌な臭いで充満してしまうケースもあるようです。

でも安心してください。臭いが出にくい生ごみ処理機も発売されています。まずは生ごみ処理機の臭いを左右する生ごみ処理機の種類について見ていきましょう。

乾燥式生ごみ処理機


出典:amazon
乾燥式の生ごみ処理機は昔から販売されている方式で、使っている人も多いと思います。

乾燥式の生ごみ処理機は値段が安く、購入しやすいのが特徴です。しかし臭いで不満が多い生ごみ処理機もこちらの乾燥式の生ごみ処理機です。乾燥式の生ごみ処理機は生ゴミの水分を乾燥するため、どうしても乾燥された空気が出てしまい臭いが部屋に充満してしまいます。

もしあなたが臭いが気になるようであれば、臭いが少ない乾燥式の生ごみ処理機か、他の種類を選ぶと良いでしょう。

バイオ式


出典:amazon
バイオ式の生ごみ処理機は微生物の力でゴミを分解してくれる生ごみ処理機です。

電気代がかからないのでエコ家電としても認知度が高くなっています。サイズがどうしても大きいため、屋外に設置する方が多いですので、臭いが発生しても気になりません。隣近所に迷惑がかかることがありますので、注意しましょう。

また微生物が生ごみを分解するまでには一日ほどかかりますので、すぐには生ゴミが処理できません。

またバイオの力で処理しているので、どうしてもランニングコストがかかってしまい、定期的にバイオチップを交換、追加する必要があります。また値段も高い傾向にあるので、値段に余裕がない場合は乾燥式の生ごみ処理機がおすすめです。

ハイブリッド

ハイブリッドとバイオのように微生物の力と乾燥機で生ごみを処理する生ごみ処理機です。

バイオ式の欠点である時間がかかることが短縮されて、音も小さいのが特徴です。

しかしハイブリッドの生ごみ処理機は値段が高く、中々出たしできない価格設定になっていることが多いです。

以上が生ごみ処理機の種類です。

臭いが気になる方はバイオ式の生ごみ処理機か、臭いが軽減した生ごみ処理機を検討してみると良いでしょう。

騒音チェック


乾燥式の生ごみ処理機でネックになるのが騒音です。ブォンブォンとうるさい生ごみ処理機の音は近所迷惑になることもあります。

生ごみ処理機には騒音レベルが表示されているモデルもあるので、騒音レベルをチェックしてみましょう。

40dBぐらいだと図書室と同じ音の大きさなので静かに生ごみを処理することができます。

容量をチェック


生ごみ処理機を購入する方は家族が多い方が多いと思います。

一般家庭でdell一日の生ごみ量はおよそ700gと言われていますので、1kgが処理出来る生ごみ処理機がおすすめです。

またバイオタイプのように処理に時間がかかる場合はもう少し大きめの生ごみ処理機がおすすめです。

値段は通販で購入したほうがお得


生ごみ処理機は乾燥タイプでも2万円台のモデルが多く、ハイブリッドやバイオ方式だと10万円を超えるモデルも多くなります。少しでも安く購入するには通販サイトを利用するとおすすめです。

家電量販店よりも10-20%も安く購入することができて、さらに楽天やアマゾンのプライムセールを活用するとさらにお買い得になります。

またアマゾン限定ですが、ギフト券を利用することでさらに安く、ポイントも還元してくれる方法もあるのでチェックしてみましょう。

購入前に自治体に申請を!


出典:http://biocafe-blog.com/
生ごみ処理機は購入前に自治体に申請することで2~7万円(※モデルや自治体によって違いますので確認しましょう)の助成金を得ることができます。各市町村の窓口に用紙がありますので、記入して申請後発注するようにしましょう。

また購入後にレシートが必要にありますので保管するようにしましょう。

なぜ自治体が助成金を出すのかというと、少しでも燃えるゴミを減らして財政を確保したい思惑があるからです。いつまでもあるとは限りませんので、この際にぜひ購入しましょう。

消費電力から生ごみ処理機を選ぶ


生ごみ処理機は毎日使うことが多いので、少しでも消費電力が低い生ごみ処理機を購入したいものですね。

消費電力だけみるならバイオ方式のほうがいいですが、値段が高いので、本体の価格と消費電力を見て最適なコスパの生ごみ処理機を選びましょう。

おすすめの生ごみ処理機

それではおすすめの生ごみ処理機をご紹介いたします。通販サイトの口コミからコスパが良くて人気の生ごみ処理機を厳選しました。ぜひ参考みてみてください。

トリコロール PCL-31-BWR

【スペック】
■大きさ:直径21.5×高さ28.3cm
■重さ:2.1kg
■消費電力:
■タイプ:温風乾燥式
■値段:18800円※2018/10現在
■処理時間:【標準モード】約6時間・【多めモード】約9時間
■運転音:約36デシベル

トリコロール PCL-31-BWRは値段が10000円台で購入できることもあって大変人気の生ごみ処理機です。生ごみ処理機というと大型を想像しますが、こちらは小型で台所のスペースにも置ける優れものです。運転音も36dBと小さいので気になりません。

評価

利用者の声

women

ちょうどインスタント用のチンするラーメン鍋が売られていて、カラフルな蓋がついていたので、それを使っています。乾燥させたゴミは、これも蓋つきのプラバケツに溜めていますが、ドライフルーツと勘違いしそうなほど綺麗です。なかなかイイ買い物をしたと嬉しくなりました。

women2

今年の夏場は大活躍でごみ出し回数も減らすことができ、とっても助かりました。
これから鍋料理などで生ごみが多くなる季節にも活躍を大いに期待しています。

women4

三角コーナーにゴミが満タンになるまでシンク内にほおっておく人にはむかないかもしれまでんが三角コーナー否定派の人ならばっちりだとおもいます。ちなみに以前バイオチップのものを使っていましたが家庭菜園するわけでもなく肥料ができすぎて困っていました。たまに庭にまいてみるとやっぱりゴミだったせいかハエはくるし臭いもあっって住宅街むきではありませんでした

ご購入はこちら

パナソニック 家庭用生ごみ処理機 MS-N53

【スペック】
■大きさ:幅268×奥行365×高さ550mm
■重さ:12kg
■消費電力:
■タイプ:温風乾燥式
■値段:55849円※2018/10現在
■処理時間:2段階(3時間後、6時間後)

購入者の84%が満足している高い満足度がおすすめのパナソニックの生ごみ処理機です。処理時間がほかの生ごみ処理機よりも早く、朝の忙しい時間でも簡単に使うことができます。

評価

利用者の声

women

効果ですが、減量効果は素晴らしいです。ここまで量が減るとは思いませんでした。
大人2人、子供2人の家庭にて、1週間分の生ゴミを余裕で処理できました。
高価な商品ですので購入を躊躇していましたが、実感してみるともっと早く購入すれば
良かったと感じます。

women2

処理時間が一時間半くらいで完了するので数時間も掛かる火力の弱いタイプでは
日々時間のない私には合わない。そこも決め手でした。

women4

夜に野菜クズを入れたら翌朝には堆肥ができています。匂いは生臭さは全然無いのですがが香ばしい匂いがするので気になる人には不快に思われるかもしれませんが、蓋を開けなければはとんど臭いません。

ご購入はこちら

家庭用バイオ式生ごみ処理機 バイオクリーン BS-02

【スペック】
■大きさ:40x40x78cm
■重さ:25kg
■消費電力:170W
■タイプ:バイオ
■値段:97000円※2018/10現在
■処理時間:24時間
■運転音:36デシベル

家庭用バイオ式生ごみ処理機 バイオクリーン BS-02は東北大学と共同開発で生まれたおすすめの生ごみ処理機です。音が静かで臭いも気にならないので、今まで使っていた生ごみ処理機に不満を持っている方に好評です。

評価

利用者の声

women

設置も簡単でしたし、生ごみもすぐ分解してくれますし非常に満足しております。
生ごみの入ったごみ袋を1日でも早くどこかに処理したいと思っていた私にとっては本当に画期的な商品でした。

women2

我家は農家であるが、生ゴミを捨てに行く必要もない。出来た肥料は、別の発砲の箱に貯めている。畑の肥料として使うのが楽しみ

women4

入れた生ごみが1日位で分解されますよ。おすすめの生ごみ処理機です。

ご購入はこちら

REBRAN 生ゴミ処理機

【スペック】
■大きさ:直径287.8mm×高さ437.3mm
■重さ:3.4kg
■消費電力: 20W
■タイプ:通風乾燥式
■値段:9890円※2018/10現在
■処理時間:約10時間
■運転音:30dB

REBRAN 生ゴミ処理機はおそらく生ごみ処理機の中では最も安いタイプのモデルです。1万円でおつりがくるのでおすすめです。自治体の助成金を使うことでさらにお買い得に購入できますのでチェックしてみましょう。

評価

利用者の声

women

この商品を購入して、以前より生ごみの量が減りました。この時期よく食べるミカンの皮がパリパリになって嵩が減り、ゴミを出しやすくなりました。

women2

この生ゴミ処理機を設置してからは匂いもしないし家の中に保管してても全然平気になりました。
ゴミの削減にもなるし、容器が2個あるので1つは食材の乾燥とかにも使用可能だし、それに
電気代も安いし助かっています。

women4

自治体に請求してから注文すれば、助成金がいただける。いい買い物ができました。

ご購入はこちら

HITACHI キッチンマジック 家庭用生ごみ処理機

【スペック】
■大きさ:44.8 x 26.5 x 50.4 cm
■重さ:15.4 Kg
■消費電力:最大850W
■タイプ:乾燥式
■値段:56800円※2018/10現在
■処理時間:

日立の生ごみ処理機は生産自体は終了していますが、いまだに根強い人気があるおすすめの生ごみ処理機です。まだ新品も発売されていますので安心ですね。中古でも購入する方が多く、快適なキッチンになったと口コミでも評判の生ごみ処理機です。

評価

利用者の声

women

初めての生ゴミ処理機。これまで夏季の生ゴミの臭いを我慢してきましたが、この製品を使い始めてからはその我慢の必要が全くなくなり、非常に快適なキッチン生活になりました。

women2

容量も多いし、しっかり働いてくれてます。
ゴミの量が減るのと生ゴミの臭いを気にしなくていいので助かっています。

women4

熱風での生ごみ処理なので電気代が少し心配ですが、処理内容は満足しています。

ご購入はこちら