低速ジューサーは効果があるの?おすすめ5選

最近話題の低速ジューサー。でも今までのジューサーと何が違うんだろうと疑問に思う人も多いはずです。低速の方が栄養素を壊しにくいと言われてもピンときませんよね。

そこで今回は低速ジューサーのメリットとデメリット、そしておすすめの低速ジューサーをご紹介いたします。



低速ジューサーとは


低速ジューサーとは名前の通り回転が低速でジュースにする装置で、ミキサーの回転数が10000回/分であるのに対して低速ジューサーは40-100回/分と回転数が圧倒的に低いのが特徴です。

低速ジューサーのメリットは

  • 栄養素が壊れにくい
  • 酸化しにくい
  • 食材の本来のうまみやうまみを感じられる

です。

特によく言われる低速ジューサーのメリットは、低速なので高速と比べると刃による摩擦熱が小さく、栄養素が壊れにくいというメリットです。栄養素が壊れにくいので、食材本来の味やうまみを感じやすくなります。

また空気と混ざりにくくなるので酸化しにくいという特徴もあります。

ただし一方で低速ジューサーにはデメリットもあります。

  • 遅い
  • 大量の搾りかすが出る
  • 掃除が大変

低速ジューサーはとにかく絞るのが遅いのがデメリットです。忙しい朝に低速ジューサーを使おうと思ったら、あまりにも遅いのでイライラするかもしれません。

また低速ジューサーは食材の繊維質を取り除き、果汁だけを絞ります。繊維質だけ低速ジューサーに残りますので、その対処に困ってしまいます。

高速ジューサーは本当に栄養素が壊れるのか


低速ジューサーのメリットの一つである、「栄養素が壊れにくい」。

本当にそうなの?っと思った方も多いのではないでしょうか。

そもそも高速ジューサーはそんなに発熱するのだろうか・・・・。

これはビタミンやたんぱく質などの酵素が熱に弱いのが原因です。

でもいろいろ調べているうちにある事実が分かりました(笑)確かに熱によって酵素は壊れます。でも、すべての酵素が熱によって短時間で壊れるわけではありません。

確かに市販のジュースは安全性のため、加熱を長時間しなければならないので、栄養素は壊れていますが、高速ジューサーと低速ジューサーの比較ではそんなに大差ありません。

そもそも私も高速ジューサーで作っていますが、そんなに熱くなった記憶はありません。60°以上上がらないと栄養素は壊れにくく、そこまで熱くなっていません。

高速ジューサーでも十分


これが結論です。

少しでも毎日を健康的にしたい方には、高速ジューサーで十分です。

わざわざ高いお金を払って低速ジューサーを買うことにメリットを感じませんでした。

高速ジューサーでジュースを作るときに、すこしでも摩擦熱を下げるために、水を少量入れることをおすすめします。

そもそも摩擦熱がどれくらい発生するのかは分かりませんが、水を少量入れることでトルク力が使えて、より食材を粉砕しやすくなり、また水によって熱を均一化して冷やしながらジュースを作ってくれます。

ただし低速ジューサーは消化に負担をかけない

ただし低速ジューサーを使っている方は、栄養素うんぬんは抜きにして、とてもおいしくジュースが飲めるという声も多いです。

高速ジューサーはどうしても水っぽいジュースになってしまうので、低速ジューサーを買ってしまってからはもう戻れないという声も聞きます。

また低速ジューサーは食物繊維が少ないため、消化に負担をかけないというメリットもあります。

毎日の朝においしいジュースを飲みたい方は低速ジューサーがおすすめです。

おすすめのジューサー

低速と高速ジューサーの違いについてお伝えいたしました。

栄養素についてはいろんな見方があるものの、食物繊維がなくて消化不良になりにくく、また高速ジューサーよりもおいしいのでおすすめです。

低速ジューサーのおすすめ

【スペック】
■大きさ:293x210x462xmm
■重さ:5.8kg
■保証:5年

ヒューロムは低速ジューサーのパイオニアの企業です。洗うのが面倒という低評価の意見がありますが、毎日おいしいジュースを飲めるととても高い評価を得ている低速ジューサーです。

評価

利用者の声

women

今話題の低速ジューサーなら酵素がしっかりと取れると聞いて購入しました。普通のミキサーとは違うので洗うのが少し面倒ですが、おいしいジュースを作ることができるので毎朝使っています。

women2

たくさんの人参がセットできて毎日新鮮な野菜を摂取しています。野菜と果物のミックスがとてもおいしかったです。

women3

爽やかでとてもおいしいジュースができました。メンテが若干めんどうですが。頑張って毎日飲みます。

ご購入はこちら

クビンスの低速ジューサー

【スペック】
■大きさ:229x210x460xmm
■重さ:6.8kg
■保証:10年

クビンスはヒューロムと並ぶ低速ジューサーで有名な会社です。クビンスは独自のスクリューでジュースが絞り出される量を改善していますのでおすすめです。また保障期間が10年ととても長いので安心です。

評価

利用者の声

women

早速スロージューサーで作ったニンジンジュースを飲んで、そのおいしさにびっくり!毎回作ることが楽しみです!

women2

やっぱりスロージューサーで作ったジュースはとてもおいしいです。こんなに簡単に作れることは知りませんでした。

women3

毎朝飲みたくなるような健康的なジュースを作ることができます。重いので持ち運びが大変ですが、頻繁に移動するものでもないので十分です。

ご購入はこちら

ベジフル ZJ-D1

【スペック】
■大きさ:293x172x218mm
■重さ:5.6kg
■保証:1年

ベジフル ZJ-D1は静音性が特徴のスロージューサーで音が図書館と同じ大きさの58.6dBです。静穏なので朝使っても近所迷惑になりません。また清掃もパーツごとにばらすことができるのでとても楽ですよ。

評価

利用者の声

women

両親へのプレゼント用として購入しました。組み立てを両親が間違ってしまって困っていたときにメーカーから親切・迅速に対応いただいたのでとてもうれしかったです。

women2

部品が少なくて手入れがとても簡単です。パワーも問題ありません。

women4

片付けがとても楽!パーツをばらすだけで洗えます。

ご購入はこちら

ISJ-56-W アイリスオーヤマ

【スペック】
■大きさ:120x160x420xmm
■重さ:3.6kg
■保証:

アイリスオーヤマから発売中のスロージューサーで1万円台で購入することができ、セールを利用すると1万円以下でも購入できるスロージューサーです。使いやすさもいいので初心者におすすめのモデルです。

評価

利用者の声

women

スロージューサーというと高いイメージがありましたが、やっと安くて魅力的な商品に出会いました。毎日愛用しています。

women2

ミキサーで作ったジュースよりもスロージューサーで作ったジュースの方がとてもおいしいです。

women4

これまで使っていたジューサーを比べても後片づけや手入れが大変でないので使いやすいです。

ご購入はこちら

シャープ スロージューサー EJ-GP1

【スペック】
■大きさ:127x460x195mm
■重さ:4.8kg
■保証:

シャープから発売しているヘルシオシリーズのスロージューサーです。金属刃を使わずに圧搾しているので滑らかでとてもおいしいジュースができるのでおすすめです。

評価

利用者の声

women

音が静かで低速と言ってもあっという間に絞ることができるので気になりません。買ってよかったです。

women2

シャープのスロージューサーは中で切らずに圧搾だけしているのでとてもいいです!

women4

毎日おいしい生野菜をおいしくいただいています。

ご購入はこちら