スタウトビールは黒ビールのことで有名なのはギネスのビールです。黒ビールはスタウト以外にも、シュバルツやポーターなどいろんな種類があります。

そこで今回はスタウトビールについてのお話と、おすすめのスタウトビールをご紹介していきます。

スタウトビールの特徴とは


日本では黒ビールの提議があいまいで、日本のビールメーカーが黒ビールを販売すると「スタウト」の文字がつきます。しかし厳密に言うと黒ビールはスタウトではなく、「シュバルツ」を指すそうです。

この二つのビールの違いは、発酵方法です。

スタウトビール


スタウトビールは黒くなったローストされた大麦を上面発酵(エール)で醸造されます。エールは古くから作られているビールの発酵方法で、ビール酵母が発酵するにつれて、麦汁の上面に浮き上がってくるので上面発酵と言われています。

シュバルツビール


一方のシュバルツは下面発酵(ラガー)を言われるビールで、比較的最近できたビールの製法です。

発酵するにつれてビール酵母が下面へと下がっていき、また低温で発酵できるので雑菌が繁殖しにくく、品質が高いビールの製法だと言われています。

しかし日本ではスタウトビールは上面発酵(エール)もありますし、下面発酵(ラガー)もあります。下面発酵(ラガー)は世界的にもほとんどの会社が採用している方法なので、スタウトビールとして買っても実は違ったなんてことが良くあるのです。

そのためにも本当にスタウトビールを買いたい方は、エールなのか、ラガーなのかを確認するようにしましょう。

スタウトビールの種類

スタウトビールにはいくつかの種類があります。見ていきましょう。

ドライスタウト

ドライスタウトとは麦芽を焦がしてビールを作っています。焦がすことからドライの名前がついているのでしょうか。

アルコール度数が小さく、カラメル香があって飲みやすいビールの一つです。

インペリアルスタウト

インペリアルスタウトビールは輸送中に痛まないようにアルコール度数を上げたスタウトビールのことです。

ドライスタウトよりアルコール度数が高く、濃厚な味わいが特徴です。

スウィートスタウト

スウィートスタウトは名前の通り甘味があるスタウトビールを指しています。

なかには黒糖風味という名前で販売しているビールがあるほど、甘味を特徴にしているスタウトビールです。

おすすめのスタウトビール

それではおすすめのスタウトビールについてご紹介いたします。

安くて口コミで話題のスタウトビールを厳選しました。是非参考にしてください。

一年寝かすとおいしくなる!スタウトビール


アルコール度数:10.0%
330ml瓶
こちらは長期熟成ができるのが特徴のスタウトビール。すぐに飲む人もいれば、一年も熟成させてから飲む人もいて、様々です。長期間保存できるようにアルコール度数が高めに設定されていますが、個人に合わせて飲むことができるのでビール通にはたまらない一品です。

評価

利用者の声

チョコレートスタウトより、さらに濃厚な味わい。
ビールとは思えないくらいに、アルコール度数は高くガツンときますね。
ベアレンのチョコスタ・ヴィンテージは、1年寝かせたものが一番美味いように感じられます。あくまで個人的な意見ですが…2年以上寝かせるとまた変わりますが、1年寝かせが最も好みです。来年が楽しみです。
あまりチョコの味はしなかったけど、黒ビール独特のクセもなく美味しかったです。

ご購入はこちら

オーストラリアで有名なスタウトビール


アルコール度数:-
容量:-
こちらはオーストラリアで作られているスタウトビールです。ギネスと同じようなコクがあり、他の種類のビールを割って飲む方も多いです。

評価

利用者の声

ロースト感のある香りです。
ドライラガーとハーフ&ハーフにすると甘みも出てきて飲みやすくて美味しいです。
リピーター
リピーターです!これは間違いなしです!いつも美味しく頂いています!
英国の香り
S-33を使って18℃1週間で瓶詰、15℃2週間で飲み頃。ギネスっぽいコクと苦み。

ご購入はこちら

スタウトと言えばギネス!


アルコール度数:5%
容量:330ml
スタウトビールの本場、アイルランドで発売されているスタウトビールがこちらです。熟成されたコクがある味わいや苦みは他のビールにはないスタウトビールだけの特徴です。

評価

利用者の声

ギネス大好きな息子へのプレゼント
アイルランドに傾倒し、ギネス大好きな息子夫婦に送りました。大満足だったようです
お勧めビール
ギネスおいしいよと薦めていただきチャレンジしてみました。 しっかりしたお味で、香微かにブランディの香りがするようなあっさりというより、しっかりしたビールでした。

ご購入はこちら