海外旅行に行くと困るのが外国語の壁です。今ではポケトークが発売されて充実してきてはいますが、重くて取り出すのも面倒です。

そんな方におすすめしたいのがコンパクトな通訳デバイス「ZERO」です。

スマート翻訳機ZEROはたったの6gでスマホに接続するだけで対面形式で通訳してくれます。

この記事ではスマート翻訳機ZEROについてレビューしていきます。



【スマート翻訳機ZEROレビュー】スマホに接続するだけで簡単通訳!40言語対応

【スマート翻訳機ZEROレビュー】スマホに接続するだけで簡単通訳!40言語対応
スマート翻訳機ZEROのメリットは何と言ってもたったの6gで100円玉と同じ大きさのコンパクト設計で、40言語に対応していることです。

スマート翻訳機ZEROはスマホに接続するマイクのようなもので、USB-CとLightingケーブルそれぞれ発売されているのでアンドロイドとiPhoneどちらでも使用することができます。

また対面形式で音声と文字で会話ができるので、とても見やすくて会話しやすいのがメリットです。4つの方向から分離して認識できるマイクがついているので、会議でも問題なく通訳してくれます。さらにノイズキャンセルもついているので騒音がある場所でも使えます。


スマート翻訳機ZEROを購入するとこのようなパッケージが送られてきます。


パッケージを開封すると説明書とスマート翻訳機ZEROが入っています。スマート翻訳機ZEROの黒いケースはとてもおしゃれでかっこいいですよね。


スマート翻訳機ZEROの大きさは100円玉と同じくらいの大きさでスマホに接続しても目立たない大きさになっています。


レビューしているスマート翻訳機ZEROはUSB-Cタイプです。USB-C以外のスマホを持っている場合は変換機が必要になります。


スマート翻訳機ZEROの表面には好感度マイクが配置されていて、ノイズキャンセルもついています。マイクが4つに分かれているように見えるのは、4つの異なる方向から音声を認識して分離するためについています。会議などでも対応できる翻訳機なので、仕事でも使えそうですね。


スマート翻訳機ZEROの厚さはたったの7.2mmです。とてもコンパクトに作られているので、スマホに差しても気になりませんし、保管も場所を取ることがありません。


スマート翻訳機ZEROの重さを計ってみるとたったの6gであることが分かります。公証では6.6gだそうです。とても軽いですよね。ちなみに500円玉が7gなのでスマート翻訳機ZEROは500円玉よりも軽いことが分かります。

スマート翻訳機ZEROのアプリセッティングをレビュー

スマート翻訳機ZEROのアプリセッティングをレビュー
次に実際にスマート翻訳機ZEROを使ってみたいと思います。アプリは今のところGoogleのPlayストアにはないようなので、説明書に記載されているQRコードを読んで公式HPからダウンロードします。


QRコードを読み込むとダウンロードファイルが表示されるので「ダウンロード」を押します。

ブラウザで表示した方はスマート翻訳機ZEROのダウンロードが終わったら下の方に✓とファイル名が表示されますので「開く」を押します。そのままインストールをしていきましょう。

なおgoogleのplayストアでダウンロードしたものではないので注意が出ますがそのままインストールします。


インストールが完了すると「開く」を押してアプリを起動します。


スマート翻訳機ZEROのアプリを起動すると「体験を始める」を押します。


位置情報、ファイルアクセス、電話の管理などを許可していきます。


Timekettle社ではスマホに接続するタイプとイヤホン型の通訳機の二種類を販売しています。今回はスマホに接続するZeroを選択しましょう。選択したらスマホにスマート翻訳機ZEROを接続します。


スマート翻訳機ZEROを使う前に、使用したい言語を選択します。最初の画面では日本語と英語(米国)の設定になっています。使用できる言語は40言語、さらにアクセントとして93種類も用意されています。

アクセントとは、英語であってもアメリカの英語とイギリスの英語では若干変わってきますので、それぞれを選択できるようになっています。

スマート翻訳機ZEROの使える言語

アジア圏
中国語、日本語、韓国語、タイ語、テルグ語、タミル語、ヒンディー語、ベトナム語、インドネシア語、マレー語
西ヨーロッパ圏
英語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、スペイン語、ポルトガル語、カタロニア語、オランダ語、デンマーク語、ノルウェー語、スウェーデン語、フィンランド語
東ヨーロッパ圏
ロシア語、ポーランド語、ハンガリー語、チェコ語、スロバキア語、クロアチア語、ブルガリア語、ルーマニア語、スロベニア語、ヘブライ語、ギリシャ語、トルコ語、アラビア語


実際に会話をしてみました。

「翻訳して」と日本語で話をすると、それを音声で通訳して文字を表示してくれます。対面で会話することを想定しているため、英語は上下さかさまに表示されます。これなら外国の方と対面で会話できるのでいいですね。


レビューでは翻訳モードを使いましたが、それ以外に会議モード、面接モード、インタビューモード、テキスト翻訳モードがついています。会議モードでは4方向の音声を分離して誰が話しているのかを分けで表示してくれるミーティングに便利なモードです。


翻訳モードでは「上画面の回転」をタップすることで翻訳結果を逆さまにすることができます。

スマート翻訳機ZEROまとめ

この記事ではスマート翻訳機ZEROについてレビューしていきました。

スマート翻訳機ZEROは6gのコンパクトな通訳機でスマホに接続するだけで通訳してくれるのでとても便利です。スマート翻訳機ZEROのメリットをまとめてみると

  • 6gのコンパクトな設計
  • 対面で音声と文字で通訳
  • 好感度で4方向から認識するマイク
  • ノイズキャンセル機能付きで会議でも使える
  • ことです。

    是非試してみてはいかがでしょうか。